toggle

ほとんど在宅勤務で業務ができる。フレキシブルで働きやすい。

齋藤 由紀(2012年入所 2009年登録)
※インタビュー内容:2021年7月15日取材に基づく

クレオに入所する前はどのようなことをされていましたか?   

 大学では生物学を専攻していたのですが、卒業後は、全く違う畑のソフトウェア開発会社に勤務し、システムエンジニアとして働いていました。
  その後、他の特許事務所に勤務した後、2012年にクレオに入所しました 

数ある事務所の中で、クレオに入所を決めたポイントはどういった点にありますか?  

 入所した当時、既に創業から30年以上の実績がありました。また、特許公報を調べると、大手企業の案件を多数担当しているため、経営が安定していると思いましたさらに、当時の所長(現会長)の後継者候補がいらっしゃることがわかり、事業承継はしっかりできていくのだろうと思いました。 
 このように私がクレオを選んだポイントは、安心して長く勤められると感じたところにあります。 

現在はどのような業務をされていますか? 

 主に、光学機械、ソフトウェア、医薬、食品関係の特許に関する業務(出願、中間、異議、審判)を担当しております。
 特に、特許業界に入ってから、情報セキュリティアドミニストレータの資格を取得したこともあり、ソフトウェア関連を多く担当してまいりました。
 また、大学時代に学んだ生物・バイオ関連のお仕事をする機会も増え、学んできたことはすべて役立っています。

クレオでの仕事のやりがいはどういったところにありますか? 

 クレオでは窓口を担当しているお客様について、国内から外国まで様々なケースに接する中で、多くの発明者、知財担当者と意見を交わすことになります。その中でも、長く時間がかかり苦労して対応した案件が権利化されたとき、発明者や知財担当者の方々の喜ぶ顔を見たときとてもやりがいを感じます。 

クレオではどのように働いていますか? 

 私は主に在宅勤務をしています。打合せがあるとき等、必要に応じて月平均1~3回程度出勤をしています。 
 出勤がないと身体を動かさなくなりがちなので、早朝にウォーキングやエクササイズをして健康維持を図るように努めています。 

クレオに入所を検討されている方に一言お願いします。 

 時短勤務在宅勤務フレックス等の制度が確立されており、業務に支障のない範囲で有給休暇も自由に取得できるので、家族の急な病気や用事にも柔軟に対応でき、子育て中の方や介護等されている方は、働きやすいと思います。 
 また、PC等の機器の貸与、リモート会議設備等、在宅勤務環境が整っているため、在宅でも不自由なく仕事や打合せができます
 そのため、私は月に1~3回程度の出勤でも、十分に仕事に取り組むことができています。 
 フレキシブルな働き方を求めていらっしゃる方は、クレオにマッチすると思います。 


弁理士 齋藤 由紀 / Yuki SAITO

プロフィールを見る