toggle

若い世代も存分に力を発揮できる環境

平瀬 享児(2002年入所 2004年登録)
※インタビュー内容:2021年7月15日取材に基づく

クレオに入所する前はどのようなことをされていましたか?  

 大学卒業後は、専攻していた機械工学の知識を生かし、大手自動車メーカーに約7年勤務していました。その後、他の特許事務所を経て2002年にクレオ入所しました 

数ある事務所の中で、クレオに入所を決めたポイントはどういった点にありますか? 

 その当時、若い弁理士が副所長として活躍していました。その様子を聞いて、活気があって風通しのよさを感じので、私もクレオでチャレンジしてみようと思い、入所しました。

現在はどのような業務をされていますか? 

 主に、機械、構造系、画像処理の発明に関する特許・実用新案に関する相談をお受けし、出願、中間処理、調査、鑑定等を担当しております。 

また、お客様の発明発掘会議にも出席しております。 

 所内では、特許部門の長として、毎月行われる経営会議にも参加し、各人の案件状況や顧客等の管理も行っています。 

クレオでの仕事のやりがいはどういったところにありますか? 

 クレオでは、所員を信頼して仕事を任せてもらえるため個人の力量を発揮しやすいです。お客様からご説明いただいた内容を熟考し、ヒアリングし、提案し、出願した結果、お客様から感謝のお言葉をいただけると代理人冥利に尽きます。

クレオではどのように働いていますか? 

 個人の裁量に任されているので、私は基本的に事務所に出勤し、週1回程度在宅しています。チームを組んで担当する案件の場合、ほとんど在宅しているメンバーとの間では、チャットツールを使ってコミュニケーションを取ることが多いです。

クレオに入所を検討されている方に一言お願いします。 

 国内案件、外国案件を問わず、積極的に仕事を進めていただける若い世代は、存分に力を発揮することができ、事務所の次代を担うことができます。 
少しでも興味をお持ちの方は、ぜひともクレオにご応募ください。 


弁理士 平瀬 享児 / Ryouji HIRASE

プロフィールを見る