toggle

所長 弁護士 弁理士 西脇 怜史

【略歴】

2004年 早稲田大学理工学部電子情報通信学科卒業
2008年 立命館大学法科大学院修了

【ブログ】

note (https://note.com/reishinishiwaki)

【会員等】

  • 第二東京弁護士会 所属
  • 日本弁理士会 執行理事(平成31年度)
  • 日本弁理士会 特許委員会(平成26年度,27年度, 30年度)
  • 日本弁理士会 知財訴訟委員会 副委員長(平成28年度)
  • 日本商標協会 理事(平成29年度~)
  • 弁護士知財ネット 事務局
  • 日本知的財産センター 事業適合性判定人
  • 発明推進協会 模倣被害対策アドバイザー
  • 工業所有権法学会 会員
  • 著作権法学会 会員
  • 東京弁護士会 知的財産権法部 会員
  • 国際商標協会(INTA)  会員
  • 社団法人日本国際知的財産保護協会(AIPPI JAPAN) 会員
  • アジア弁理士協会(APAA) 会員
  • 日本ライセンス協会(LES JAPAN) 会員
  • 一般社団法人 日本食品・バイオ知的財産権センター(JAFBIC) 会員
  • 関西特許研究会(KTK)  会員
  • 東京都中小企業振興公社 知的戦略導入支援事業 専門相談員(平成28年度,29年度)
  • 知財ガバナンス™研究会(HRガバナンス・リーダーズ株式会社) サポーター

【著作・論文等】

2013年9月
 欧州統一特許裁判所に関するセミナー紹介記事(共著)  (民事法研究会 『Law & Technology』 61号)

2014年9月
 リレー連載コラム:ある日の知財弁護士#16  (民事法研究会 『Law & Technology』 65号)

2015年12月
 商標法コンメンタール (一部執筆)  (レクシスネクシス・ジャパン)
 実務家からみたPBPクレーム最高裁判決  ※共同執筆  (民事法研究会 『Law & Technology』 70号)
 日本の魅力に関する考察 (一般財団法人 経済産業調査会 『知財 ぷりずむ』 12月号)
 発明の技術的範囲」と「発明の要旨認定」との間に、ダブルスタンダードは存在するか?
                       (日本弁理士会 『月刊 パテント』 12月号)
                    ※所属する「日本弁理士会 特許委員会第1-2部会」として

2019年9月
 『農林水産関係知財の法律相談 I・II 』(一部執筆) (青林書院)

2020年1月
 どのように営業秘密を管理すればよいのか。 (営業秘密官民フォーラムメールマガジン掲載コラム 第43回)

2022年2月
 商標法コンメンタール 新版 (一部執筆) (勁草書房)

2022年3月
 数値限定発明に関する諸問題(一部執筆) (東京弁護士会 法律実務研究第37号)

【講師・講演等】

2013年6月
 映画製作の現場で起こり得る労働問題、著作権問題について (主催:NPO法人独立映画鍋)

2013年11月
 肖像権、プライバシー権について (主催:NPO法人独立映画鍋)

2014年12月
 特許無効審判及び訂正審判における実務上の注意点 
  (主催:日本弁理士会中国支部 会場:ホテルJALシティ広島)

2015年10月
 ネット動画と著作権 (主催:NPO法人独立映画鍋)

2017年7月
 知的財産権侵害対応の実務 (主催:日本弁理士会関東支部 会場:ホテルラフレさいたま)

2018年2月
 [基礎サポ]商標・国内商標の侵害紛争への 実務的対応(不競法含む)(日本弁理士会 e-learning 弁理士研修)

2018年5月
 ユニットシェルフ事件(知財高判平成30年3月29日、平成29年(ネ)第10083号)
 (主催:日本知財学会 知財制度・判例分科会 会場:東京理科大学 理窓会会議室)

2019年11月
 営業秘密の管理と最近の傾向(経済産業省職員向け知的財産研修) (主催:経済産業省 会場:経済産業省)

2020年8月
 知的財産の基本知識とリスクマネジメント(弊所クライアント様向け)

2020年10月
 知財ってどんな業界?(ロースクール生向け)
 どうなの知財訴訟?(若手弁理士向け)

2021年9月
 産学連携における知財リスクマネジメント(弊所クライアント様向け)

2021年11月
 数値限定発明とサポート要件(東京弁護士会知的財産権法部・JIPA特許第2委員会とのコラボ検討会 共同発表)

2022年1月
 初学者向け 知的財産のリスクマネジメントとトラブル対応の実務(知財実務オンライン YouTube Live

2022年2月
 日常業務から起こり得る知的財産権の侵害とリスクマネジメント(弊所クライアント様向け)

2022年3月
 進歩性判断における本件発明の課題の位置付け等についてAIPPI JAPAN 第208回 判例研究会にて
  題材:X線透視撮影装置事件 知財高判令和3年4月15日令和元年(行ケ)第10159号
  リンク:https://www.ip.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail?id=5544

2022年4月
 営業現場で起こり得る知的財産権の侵害とリスクマネジメント(弊所クライアント様向け)

2022年7月
 
審決取消訴訟の事務手続(日本弁理士会)

2022年8月
 数値限定発明とサポート要件(日本弁理士クラブ)

;